忍者ブログ
最初の一歩を踏み出してみました
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「困りごと」

たとえば
① 「忙しいけど人手が足りなくて困っている」こんな時は、
  友人やボランティアや人材派遣の手助けが解決につながります。
② 「トイレの水漏れや自動車の事故で困っている」
  水道設備屋さんや自動車修理屋さんが専門技術で直してくれます。
③ 「法律や年金のことが分からず困っている」
  弁護士さんや社会保険労務士さんの専門知識が頼りになります。

このような「困りごと」は、人の手助けや専門家の技術や知識を借りて
解決できます。専門家といわれる人の主な活躍の場がここにあります。


「悩みごと」

たとえば
① 「将来を考えて転職しようか悩んでいる」
② 「今つき合っている彼(彼女)と結婚しようか悩んでいる」
③ 「30年連れ添った夫(妻)と離婚しようか悩んでいる」

この場合の答えは、本人の心の中にあります。本人が気づいて自ら
答えを見つけます。本来その力を持っています。今は何かの障害が
あって答えがわからないのです。そこで、相談を受けて人はしっかりと
本人の話を聴きます。本人を尊重し、本人が自ら答えを出せるように
支援します。相談を受けた人が、「転職しなさい」「結婚しなさい」
「離婚はやめなさい」と答えを提示しても、本人は納得できないし、
受け容れがたく、不満が残ります。

相続プラザ花小金井店 内藤雄氏 三商レポートより


夏休みのためしばらく日々精進はお休みいたします。

[PR] 
リフレティ (埼玉県川越市)
 相続アドバイザー協議会会員・旭化成不動産情報ネットワーク会員
 相続・不動産・住宅ローンの相談はお気軽に。


PR
困ったことが起きたとき、「本当は困ったことは起こらない」
ということに気づいて、神様からのプレゼントである問題を
クリアしていく。すると、神様はごほうびに魂のステージを
一つ上げてくれる。

答えが間違っている人には、根気強く「それは間違いですよ」
と教えてくれる。だから、いつまでたっても苦しみから逃れられ
ない人は、自分が出した答えが間違っている。
これが宇宙の摂理です。

しかし、世の中には頑として神様からの声に気がつかない人がいます。

この人は、今、自分が苦しめられている問題について、
修行をしている最中なのです。

ですから、その人は困りませんし、私も困りません。

心の中の困ったという思いを消してしまえば、困ったことは
起きようがないのです。

逆に、困った人には「困った」という知恵しか生まれません。
そして、「困った」という知恵から生まれたものは、苦しみしか
もたらしません。


斉藤一人さんのお話より


[PR] リフレティ (埼玉県川越市)
 相続アドバイザー協議会会員・旭化成不動産情報ネットワーク会員
 相続・不動産・住宅ローンの相談はお気軽に。




自分のことばかり考えるから孤独になる

天地自然の活動は、永遠である。
なぜだろうか。これは、いい。あれは、悪い。これは、プラスだ。あれは、
マイナスだ・・・と、自分の考えだけを通そうとしたり、自分だけが得をして
生きようとしているからである。

その身を後にして、身先んじ、その身を外にして、身存す(老子七章)
「お先にどうぞ」といって、自分のことは後回しにして、他の人々を先に立てようと
すれば、帰って人から慕われて、自分らしく生きられる。

また、無心の心をよく守り、世の中のプラス・マイナスの考え方の外に身を置いて、
人のために尽くすから、かえって、多くの人から大切にされて、自分らしく、明るく、
元気に生きられる。他人の利益をよく考えてやると、いつしか、自分が得をする。
自分の利益ばかりを考えて行動すると、いつの日か孤独になって、淋しい人生を
送ることになる。


老子の言葉より


[PR] リフレティ (埼玉県川越市)
 相続アドバイザー協議会会員・旭化成不動産情報ネットワーク会員
 相続・不動産・住宅ローンの相談はお気軽に。

多くの成功者に影響を与えてきた名著 『7つの習慣』
の中で、著者のスティーブン・R・コヴィー博士は次の
ようにいいます。

「成功するためのテクニックや手法、戦略だけでは
真の成功は手に入らない」
つまり、イメージの作り方、人間関係のテクニック、
前向きな思考法などだけでは、本当の成功には至らない
ということです。

そしてコヴィー博士は、
「真の成功を達成し、永続的な幸福を手に入れるためには、
謙虚・誠実・勇気・忍耐・勤勉などの原理原則を体得し、
自分自身の人格に深く内面化する以外に方法はない」
と指摘し、これを人格主義と呼んでいます。

私たちがリンゴの樹を見たとき、幹や枝葉、さらに時期に
よっては果実が目に映ります。しかし、目には見えない地下に、
“根”があることを忘れてはいけません。

じつは、根と枝葉は鏡のような存在で、根の広さと同じだけ、
枝葉が広がるそうなのです。ということは、枝葉を広げて
たくさんのリンゴを実らせるには、まず地下に根を広げる
必要があるのです。

私たちの人格や人間性は、取り出して測ることはできませんし、
目には見えませんから、樹木でいう根のようなものです。そして、
この目には見えない人格や人間性の大きさ・深さこそが、
人生の豊かな実りをもたらすのです。



[PR] リフレティ (埼玉県川越市)
 相続アドバイザー協議会会員・旭化成不動産情報ネットワーク会員
 相続・不動産・住宅ローンの相談はお気軽に。


なぜスランプになるのか。

こんな話を聞いたことがある。
バッターの鉄則。
苦手な球に手を出してはいけない。
いいバッターは駆け引きの中で、自分の打ちやすい球を
ピッチャーに投げさせる。
追い込まれているならともかく、苦手な球は打ってはいけない。

それが好調なときは、ついつい打ってしまう。
好調なので、打ててしまい、ヒットになってしまう。

しかし、自分の苦手な球に手を出しているうちに、
微妙にフォームが崩れてくる。
そして知らず、知らず、歯車が狂いはじめ、ある日突然、
打てなくなってしまう。
元に戻そうにも方法がわからない。これがスランプのしくみだ。

調子がいいときほど、自分のスタイルに忠実に。
基本を大切にし、謙虚に過ごそう。
好調も長く続かないが、不調も長く続かない。


[PR] リフレティ (埼玉県川越市)
 相続アドバイザー協議会会員・旭化成不動産情報ネットワーク会員
 相続・不動産・住宅ローンの相談はお気軽に。


私のセールスの目的は、
お客様が早く望み通りの気持ちになれるように手伝うこと。

        セールス前
●まずはお客様が望み通りの気持ちになっているところを、
 心のなかで描き出す。それから、自分自身も願い通りの
 ものを手に入れているところを想い描く。
●自分の売ろうとしているものの特徴や長所を、徹底的に、
 しかもしばしば研究する。
●自分の売るものが、実際にお客様が求めている気持を
 味わうのに役立っているところを想像する。

             
セールス中
●お客様はもちろんのこと、自分自身も買いたくなるようなやり
 方で売る。時間も人間を扱うように大切に使う。
●“すでに持っているもの”に関する質問と“これから欲しいもの”
 に関する質問をする。
●その差が、お客様の抱えてる問題なのである。
●お客様の話をよく聴き、耳にしたことを確認する。
●自分の提供するサービス、製品、アイデアを、お客様が味わい
 たいと望んでいる気持だけに関連ずけて正直に話す。
●個人として最小のリスクで最大の利益が得られるとわかれば、
 お客様のほうからセールスのクロージングをしてくれる。

           
セールス後
●私から買ったものを所有することによって、お客様が実際に良い
 気持ちを味わっているかどうかを確かめるために、しばしば
 フォローアップを行う。
●何か問題が生じているときは、その解決に力を貸す。それによって、
 お客様との信頼関係を強化する。
●お客様が買われたものに満足しているときは、実際にお願いでき
 そうな他のお客様の紹介を依頼する。


[PR] リフレティ (埼玉県川越市)
 相続アドバイザー協議会会員・旭化成不動産情報ネットワーク会員
 相続・不動産・住宅ローンの相談はお気軽に。


たった一度の人生を
世間の顔色うかがって
やりたいこともやらないで
死んでいく身の口惜しさ
どうせもらった命なら
ひと花咲かせて散っていく
桜の花のいさぎよさ

一度散っても翌年に
みごとに咲いて満開の
花の命の素晴らしさ
ひと花どころか百花も
咲いて咲いて咲きまくる
上で見ている神さまよ
私のみごとな生きざまを
すみからすみまでごらんあれ
            以上

作/ 斉藤一人


[PR] リフレティ (埼玉県川越市)
 相続アドバイザー協議会会員・旭化成不動産情報ネットワーク会員
 相続・不動産・住宅ローンの相談はお気軽に。


     もらった
     優しさを
     次 あの人へ
     世界が優しく
     なりますよう

優しくされると うれしい。
優しくできると もっとうれしい。

人は誰かを喜ばせること、誰かの役に立つことで
「心のしあわせ」を感じるものだから。

優しさを送りあって、贈りあって暮らせたら──。
世界はもっと優しく 穏やかになってゆくはず。

忘れないでいよう。
優しい世界の源は それぞれの心の中にあることを。
 


中島未月さん 心が晴れる「はれ、ことば」より



[PR] 
リフレティ (埼玉県川越市)
 相続アドバイザー協議会会員・旭化成不動産情報ネットワーク会員
 相続・不動産・住宅ローンの相談はお気軽に。



 


本来、人が働く目的は「食べていくため」だった。
つまり、餓死しないため。
(そういう時代は胃袋がやる気にさせてくれた)

そこを原点として、欲求は5段階に変化していく。


1.生理的欲求
 食欲、性欲、睡眠欲など、生きるうえで必要な欲求。

2.安全に対する欲求
 現状の生活維持、健康維持など、将来に対する不安から
 自分の身を守りたい欲求。

3.社会的欲求
 愛されたい欲求。人からよく思われたい、嫌われたくない
 など、集団への帰属に対する欲求。

4.尊重の欲求
 社会的ステータスを築きたい。人から認められたい、
 尊敬されたいという欲求。

5.自己実現の欲求
 「自分はこうありたい」「こんな人間になりたい」という、
 自分自身を実現していく欲求。

(マズロー欲求5段階説より)


[PR] リフレティ (埼玉県川越市)
 相続アドバイザー協議会会員・旭化成不動産情報ネットワーク会員
 相続・不動産・住宅ローンの相談はお気軽に。



やる気は自分の中にあるものなのに、
なかなか自由にコントロールさせてもらえない。
それは誰だって同じだ。
いいことがあると、やる気が出る。
わるいことがあると、やる気をなくす。
外で起きていることに、反応している。
なんにもしないで放っておけば、
やる気は「あなたのまわりで起こった出来事」
に左右されるだろう。

でもつねにエネルギッシュで、
大きなことをどんどん成し遂げていく人は、
「自分の心とのの付き合い方」をよく知っている。

彼らはやる気を無理やり出しているわけでも、
やる気が出るのを待っているわけでもない。

どうやったらやる気が出せるか、
こういう場面では、こういう気分のときには、
・・・と、いくつもの「やる気スイッチ」を持っている。

意識しているから、見えている。
やる気をなくすのは
自分でやる気を「なくすきっかけを待っていたから」
だということを知っている。

だから気分に左右されるのではなく、
自分で気分を意図的に左右することができるんだ。


山崎 拓巳著  「やる気スイッチ!」より


[PR] リフレティ (埼玉県川越市)
 相続アドバイザー協議会会員・旭化成不動産情報ネットワーク会員
 相続・不動産・住宅ローンの相談はお気軽に。



HOMENext ≫
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
水沼 修
性別:
男性
職業:
不動産業、相続アドバイザー
趣味:
読書、ウォーキング
自己紹介:
相続アドバイザー協議会
上級アドバイザー

旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)
土地選び方セミナー講師
ブログ内検索
お天気情報
最新CM
[07/13 ナカ]
[06/25 ミズ]
[06/22 みーたん]
[06/22 みーたん]
[06/18 ミズ]
[06/18 ミズ]
[06/16 ひろこ]
[06/15 cha☆ppy]
[06/15 ナカ]
[04/27 Eulalie]
最新TB
バーコード
フリーエリア
忍者ポイント

Copyright © [ 日々精進 ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら… Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]