忍者ブログ
最初の一歩を踏み出してみました
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今週、身内の葬儀が2件続けざまにありました。最後の送り方は、その遺族の意向によって違います。またそれは、亡くなった方の生きざまによってもあらわれます。

川越の叔父さんの葬儀は、川越のお寺で行なわれました。叔父さんの家はお寺の隣にあるらしく、そこの住職さんとは、知人でもあり檀家でもある関係のようです。
お通夜の席で、住職がお経の後に遺族に対して約20分お話をしてくれました。

現在は自宅で葬儀をすることは少なくなってきています。それだけ子供の頃から、人の死に接することが少なくなっているわけでもあります。お通夜は亡くなられた方のそばで皆が夜を明かします。しかし、現在は葬儀場にて行い、子供には近寄らせないこともあります。また今は、人の死について話すこと自体、タブーとされている節もあります。人間は死ぬことを避けることができません。ですので、生きることの大切さは、死ぬことと向き合うことでもあると思うのです。
お通夜は、亡くなられた方について語りながら、その方の功績に感謝するとともに、親族の方々がその方の冥福を祈り、別れの悲しみや苦しみを切り替えるためにもあるのです。人の死を送ることは、死について考えることであり、切り替えて生きることを見つめということでもあるのです。
遺族の方々におかれましては、どうぞ、亡き方に感謝をもって、生きる大切さ、ありがたさをかみしめてください。仏法を通して、生と死の架け橋をするのが私どもの役目でもあるわけです。

叔父さんは川越祭りをこよなく愛していました。そして、川越祭りを支える地域のみんなから愛されていました。
大切なお話、ありがとうございました。


[PR] リフレティ (埼玉県川越市)
 相続アドバイザー協議会会員・旭化成不動産情報ネットワーク会員
 相続・不動産・住宅ローンの相談はお気軽に。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
水沼 修
性別:
男性
職業:
不動産業、相続アドバイザー
趣味:
読書、ウォーキング
自己紹介:
相続アドバイザー協議会
上級アドバイザー

旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)
土地選び方セミナー講師
ブログ内検索
お天気情報
最新CM
[07/13 ナカ]
[06/25 ミズ]
[06/22 みーたん]
[06/22 みーたん]
[06/18 ミズ]
[06/18 ミズ]
[06/16 ひろこ]
[06/15 cha☆ppy]
[06/15 ナカ]
[04/27 Eulalie]
最新TB
バーコード
フリーエリア
忍者ポイント

Copyright © [ 日々精進 ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら… Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]